楽に稼げる仕事ランキング!条件と探し方を徹底解説
楽に稼げる仕事がより良いですよね。 稼げる仕事の特徴は、専門性が高く時給の良い仕事であったり成功報酬が発生する仕事です。 その上で、体力的や精神的な負担が少ない仕事が楽な仕事です。 このような楽に稼げる仕事には、下記のような特徴があります。
楽に稼げる仕事ランキング!条件と探し方を徹底解説
楽に稼げる仕事がより良いですよね。 稼げる仕事の特徴は、専門性が高く時給の良い仕事であったり成功報酬が発生する仕事です。 その上で、体力的や精神的な負担が少ない仕事が楽な仕事です。 このような楽に稼げる仕事には、下記のような特徴があります。

楽に稼げる仕事ランキングTOP5

1位:在宅勤務可能な仕事

在宅勤務可能な仕事は楽に稼げる仕事の代表例でしょう。

通勤がないため時間的な余裕ができ、働く環境も自宅のため精神的なストレスはなく楽に働くことができます。

さらに営業の仕事であれば成果が分かりやすく昇給しやすかったり成果報酬が出て大きく稼ぐことも可能です。

ただし高待遇な求人は人気であるため非公開求人であることが大半です。

2位:社内SE

社内SEはいわゆる情報システム部門のような仕事で技術職であるため給料が高く体力も不要で楽な傾向にあります。

社内SEでは同じ会社の人と仕事を進めるため納期などのプレッシャーが少なく仕事できます。

システム面のトラブルがなければ平穏無事に勤務することができるでしょう。

特に大手企業になるほど給料が高くなる傾向です。

企業にとって社内SEは間接部門として扱うことが多く、給与は企業の規模と相関しやすい傾向のためです。

3位:期間工

期間工は体力的には厳しいですが単純労働で精神的にも楽かつガッツリ稼げるという点において楽な仕事です。

会社でのコミュニケーションが苦手な方に適しています。

さらに残業代や休日出勤手当などが全部給料として支給されるため給料も高いです。

残業を月に80時間程度すれば月収50万円以上は楽に稼げるでしょう。

そのため年収500万円を稼ぐ人も多く、3年で1,000万円を貯めた方もいます。

4位:トラック運転手

トラック運転手も楽に稼げる仕事です。

トラック運転手はもともとネット販売の需要で人手不足な職種でした。

さらに新型コロナの影響で非対面での販売・やり取りが加速しているのが現状です。

その影響でトラック運転手は慢性的に人手不足で給与も上がっています。

人間関係も気にせず気楽に仕事ができるという点ではトラック運転手は楽な仕事と言えます。

5位:塾の講師

塾の講師は短期間で稼げる仕事です。

1コマあたり時給が2,000円から3,000円程度あります。

しかし、他の仕事を入れるなどの自由度もあり掛け持ちもできます。

欠点としては大量に授業を受け持つことが難しいので時給の割には総支給金額は低いという点です。

楽に稼げる仕事の探し方

楽に稼げる仕事を探すためには無料で活用できる転職エージェントや転職サイトを活用することをおすすめします。

特に担当者がいるサービスを選ぶことで自分に合った求人の提案をしてもらうことができます。

正社員で楽に稼げる仕事を探したい場合は、転職サイトの利用もおすすめです。

なぜなら転職サイトは採用経費が転職エージェントよりも安く、ハローワークよりも採用効率が高いためです。

転職エージェントでは年収200万円の人材を採用したとしても70万円ものお金がかかるということですね。

しかし、転職エージェントの場合は採用した人数分70万円以上を支払う必要があります。

また、ハローワークは求人を掲載しても応募が少ないため、そもそも求人を出していない企業が多々あります。

goTop