楽に稼げる仕事15選!内定のコツや就活の注意点についても解説
楽に稼げる仕事に就きたいと考えている人は多いのではないでしょうか?この記事では、正社員として楽に稼げる仕事の特徴を解説しつつ、具体的な仕事を15選にして解説します。楽に稼げる仕事に就くために知っておきたい知識についても解説しますので、これから正社員になろうとしているものの、具体的な仕事は決まっていないという方は参考にしてみてください。
楽に稼げる仕事15選!内定のコツや就活の注意点についても解説
楽に稼げる仕事に就きたいと考えている人は多いのではないでしょうか?この記事では、正社員として楽に稼げる仕事の特徴を解説しつつ、具体的な仕事を15選にして解説します。楽に稼げる仕事に就くために知っておきたい知識についても解説しますので、これから正社員になろうとしているものの、具体的な仕事は決まっていないという方は参考にしてみてください。

正社員として楽に稼げる仕事15選

ここからは、正社員として楽に稼げる仕事を15個紹介します。 今回ご紹介する「楽に稼げる仕事」は、あくまでも今回の記事内で定義する特徴を満たしたものです。また、自分の価値観や職場環境によっても状況は異なります。「この職業は楽に稼げる」と断定しているわけではないので、あくまでひとつの参考としてご覧ください。 それぞれ向いている人や仕事内容が異なりますので、自分にあった仕事を探すきっかけにしてみると良いでしょう。

工場の作業員 [楽に稼げる仕事 1/15]

多くは立ち仕事となるため、体力は使うものの、仕事内容は単調なものが多く、仕事を覚えるまでに時間はかからないでしょう。

また、仕事の評価点も「いかに不良品を作らないか」が重要になってきますので、同じ作業をミスなくこなせるようになれば、昇給や昇格も見込めます。

ただ、工場は比較的郊外にあることが多く、都心で仕事をしたいと思っている人は求人が中々見つけられないこともあります。

工場作業員の業務が気になる人は、こちらの記事も参考にしてください。

清掃[楽に稼げる仕事 2/15]

清掃職は、与えられた持ち場を清掃する仕事です。毎日決まった時間に決まった場所を清掃することで仕事が完了しますので、ほぼ残業が発生することなく稼げます。

清掃職に応募する時は、清掃する場所に注意するようにしましょう。

大きなオフィスビルであれば比較的清掃の手間がかかりませんが、場合によってはクレーンに乗ってビルの外窓を清掃する仕事の可能性もあります。

危険な場所での作業となれば楽に稼げる仕事とは言いづらくなってしまうので、求人票や仕事内容を必ずチェックするようにしてください。

警備[楽に稼げる仕事 3/15]

警備職は、決められた持ち場に常駐し、危険な物や人がいないかを見守る仕事です。多くは立ち仕事になりますので、勤務中ずっと立っているのが苦ではない人に向いています。

仕事中はいい意味でも悪い意味でもコミュニケーションをする機会はありませんので、あまり人と話さないような仕事に就きたい人にもおすすめです。

一方、有事の際には真っ先に行動しなければならず、トラブル対応が求められることもあるのは理解しておきましょう。

ビルメンテナンス[楽に稼げる仕事 4/15]

ビルメンテナンスは、オフィスビルや商業施設といった建物に設置されている機械設備のメンテナンスを行う仕事です。メンテナンス自体はルーティン作業であり、急な故障がない限りまったりと仕事に取り組むことができます。

また、ビルメンテナンスの特徴として、豊富な資格手当を用意している会社が多いというものが挙げられます。

タクシー運転手[楽に稼げる仕事 5/15]

タクシー運転手は、タクシーを運転して乗車客を目的の場所まで送り届ける仕事です。運転と人との交流が好きな人にとっては天職と言える仕事かもしれません。

乗車客をどれだけ拾えるかの目標が定まっていることが多く、人によって人通りが多い道を走り続けたり、駅の周辺で待ち続けたりと戦略が異なります。運転をしながら、「どうしたらもっと乗車客を増やせるか」を考えていけると、平均年収以上に収入が増えることもあります。

トラック運転手[楽に稼げる仕事6/15]

トラック運転手は、トラックを運転してモノを運ぶ仕事です。タクシー運転手と同じく運送業になりますが、トラック運転手の場合は運ぶものがモノになりますので、コミュニケーションがさらに発生しなくなるという特徴があります。そのため、コミュニケーションによるトラブルを避けて働くことが可能です。

長時間トラックを運転することになりますので、集中力を持続させることが大切ですが、勤務時間中はほとんど車内で過ごすことになるため、純粋に安全運転に向き合うことができます。

自分の趣味・特技に関するインストラクター[楽に稼げる仕事7/15]

自分の趣味や特技に関するインストラクターであれば、自分の好きな分野で働ける点で、興味のない仕事をするより楽しいと感じることも多いでしょう。

エクササイズやパーソナルジム、ダンス、ヨガ、水泳など、身体を動かす種目が大半ですが、自分の技術や知識を直接他人に教えて、喜んだり上達する姿も見れるので、やりがいも感じられる仕事になるはずです。

ルート営業[楽に稼げる仕事8/15]

ルート営業は営業職の一種で、既に取引のある顧客を定期的に訪問し、商談を行う仕事です。営業という仕事なので一定のコミュニケーションは発生しますが、既に取引がある顧客が大半のため、営業先でトラブルやクレームに発生することは他の営業に比べれば少ない傾向にあります。

また、営業職は比較的平均年収が高めで、キャリアアップも狙っていける仕事ですので、「楽に稼ぎつつも、いつかは年収をアップさせたい」という考えを持っている人には、ルート営業が特におすすめできます。

受付スタッフ[楽に稼げる仕事9/15]

勤務時間中は丁寧に、かつ、笑顔での対応が求められますが、仕事内容としては決められた受付業務を行うことが基本なので、比較的楽に稼げる仕事と言えます。

仕事中も来客がない時間帯もありますので、いわゆる「いるだけでも給料が発生する時間」も生じるかもしれません。ただし長期的なキャリアアップのためには、語学力などほかのスキルを身に着けていく必要もあります。

事務職[楽に稼げる仕事10/15]

事務職は、会社の事務作業を担う仕事で、領域によって経理、総務、労務人事といった職種に細分化されます。勤務中は、あらかじめ決められたタスクを決められたルールに従って処理していくことがミッションになりますので、特に自分からアクションをして何かを変えていくという大変さはありません。

仕事内容も事前に把握できていることが多く、残業時間も少ない傾向にあります。転職においても求人は多く存在するので、数年働いた後にキャリアアップで転職ということも可能な仕事となっています。

翻訳家[楽に稼げる仕事11/15]

翻訳家は、海外の書類や書籍、映像作品を日本語に翻訳したり、逆に日本の作品を外国語に翻訳する仕事です。自身の語学力を活かして行える専門職でもあるため、比較的平均年収が高いといった特徴があります。

現地人並みの語学力があれば、その能力を活かせるので自分のペースで仕事がしやすく、慣れてくれば楽に稼げる仕事と感じるでしょう。一方、自分の携わった仕事で作品の評価が変わることもあるため、真摯に向き合う姿勢は求められるでしょう。 大学事務[楽に稼げる仕事12/15]

大学事務は、大学の中で事務作業を行う仕事です。民間企業の事務職に比べて仕事量が少ないだけでなく、組織の人数も少ない傾向にあるので、職員同士のコミュニケーションが円滑ならばストレスは少ないでしょう。

仕事内容や量については勤める大学によって大きく異なる可能性もあるため、大学事務を目指すなら求人票だけでなく、大学の知名度や評判も合わせて確認しておくことが大切です。

社内SE[楽に稼げる仕事13/15]

社内SE(システムエンジニア)は、会社内のIT部門担当として、システム周りの構築やITトラブルが起きた時の対処などを行います。

会社によって社内SEの対応業務範囲は大きく異なり、社内システムの改修を行う場合もあれば、社内のITサポートデスクのような立ち位置の場合もあります。いずれにしても、クライアント相手ではなく自社の社員と主にかかわるため、プレッシャーは少ないことが考えられます。

忙しくない飲食店の店員[楽に稼げる仕事14/15]

飲食店店員は激務といったイメージを持っているかもしれませんが、忙しくない飲食店であれば比較的楽に稼ぐことができます。

飲食店の忙しさを判断する基準として、客単価の違いが考えられます。一人の顧客が数百円の飲食店の場合、とにかくどれだけ顧客を回転できるかが重要になるため、結果的に忙しい職場になりがちです。

一方、客単価が高い飲食店であれば、顧客が長時間店に滞在する傾向にありますので、次々と多くのお客さんを回すよりも、一組の顧客に対するサービスのほうが重要視されます。

コールセンター[楽に稼げる仕事15/15]

コールセンターは、問い合わせが来た人に対して解決策を案内する仕事です。あらかじめ用意されているマニュアルを元に応対をしていけばいいので、丁寧な言葉遣いができる人であれば問題なく仕事をこなせます。

ただ、消費者向けのサービスを提供している会社のコールセンターだと、クレームの電話を受けることもあります。クレーム対応を避けたい人は、法人向けサービスについての問い合わせ窓口となっているコールセンターなどの仕事を探すのがベストです。

goTop